白川郷の火災(火事)はテロの可能性が!?世界遺産連続火災の真相(真実)は?

 

なんということでしょう。

岐阜県にある世界遺産「白川郷」に

11月4日火事(火災)が起こりました。

 

10月31日の首里城に続き

1週間に2件もの世界遺産が

火事になるなんてテロの線が

出てきますよね。

 

今回の火災はテロの可能性があるか

どうか真相を調査しました!

 

 

白川郷(世界遺産)の火災はテロ?

 

白川郷の火災の原因は現在まだ

解明されていません。(11月4日時点)

 

設置されている配電盤が出火元

と噂されていますが、

 

もしそうだとすると、配電盤や機器類

の老朽化による出火が原因という

可能性がありますね。

 

もし、人の手が加えられて出火したと

したらテロの可能性も浮上します。

 

例えば、「タバコ」や

「故意に配電盤をいじった」などです。

 

白川郷は「合掌造り」でできた

建造物なので、一度火がついたら

燃え移るのに時間はかかりません。

 

もし、犯人がいるとしたらその

性質を利用したとなるでしょう。

 

これが人為的に起こされたものなのか

新しい情報が入り次第追記していきます。

 

最後に白川郷の火災に関して

世間の意見をみていきましょう。

 

 

白川郷の火災について口コミや反応は?

 

https://twitter.com/Tana87498508/status/1191305797088595969?s=20

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です